陶器美術館

アートスタジオ作品
アートスタジオ作品
アートスタジオ作品
陶器美術館はインペリアルポーセレン工場に付属美術館です。
陶器美術館は皇帝ニコライ一世の命令による1844に創立されました。
美術館では260年の歴史がある第一のロシアの陶器の工場の歴史を見せる作品が保存されています。 陶器美術館では30000点余りが所蔵されています。
これは皇帝の工場で制作された陶器とガラスであり、 旧ソ連邦の時代の作品、 有名なヨーロッパの工場とロシアの個人的な工場の作品、 日本と中国の陶器です。
19世紀後期ごろから皇帝アレクサンドル三世の命令により、 すべての皇帝の家族の注文が二つの同じようなもので製作されることになりました。 そのうちに一つのものが美術館に置かれたものになりました。
このような作品の収集し方は20世紀後期まで続けていました。 150年の間に美術館で所蔵されている作品は技術の高いサンプルとして利用され、 画家たちのために創造的インスピレーションの源泉となりました。 陶器美術館はロシアの陶器の過去と未来の間の連結環になりました。
陶器美術館のコレクションに基づいて、 たくさん国内と国際の展覧会が成立されました。 さらに、主要な画家たちの特別(個人的)な展覧会も開催されました。
陶器美術館からの作品がイギリス、オーストリア、スイス、日本、ドイツ、ベルギーで展示されました。 2001年2月にエルミタージュ美術館は陶器美術館を管理することになりました。 陶器美術館はエルミタージュの一部になりました。 これは陶器美術館の新しい誕生になりました。
そのときから陶器美術館はみんなのお客様のために開いています。
アートスタジオ作品
アートスタジオ作品